Tag Archives: 春待ち着物

禍難除け 博多招福菓子じょかなん とは? 福岡の質屋ハルマチ原町質店 吉積佳奈

博多招福菓子じょかなん

博多招福菓子じょかなん → 除火難(火難除け) → 除禍難(除禍除け)

博多古渓水

家ごとに黒豆ご飯を炊いた「博多古渓水」茶聖千利休が秀吉の怒りに触れたのは天正19年(1591年)2月のことです。利休さんの木造を山門に掲げ秀吉激怒の発端を作った京都大徳寺の「古渓和尚」も筑前藩主小早川隆景に身柄預けとなり博多に流されました。 和尚は庵を結び博多の人々と親しみながら禅と茶に二年半を過ごしました。慶長三年八月、秀吉死没。許されて葬儀の導師を務めることになり京都へ帰る前のこと「皆の衆、世話になった、さらばじゃ!」別れの日、和尚が杖を地上にトンと突き立てると、あら不思議、清らかな水がコンコンと湧き上がる。 これぞ 名付けて 古渓水。 現在の福岡県福岡市博多区奈良屋町のあたり戦前まではお堂の脇に清水が沸きこれを汲み持ち帰って家の周囲に振り掛けておくと「火難を除ける」と言われ広く信仰心を集めました。

毎月二十一日は古渓さまの日 (現在のお札は5月17日になっている) 一帯の家々では黒豆ご飯を炊き「はつやまとう」と呼ぶ小さな焼餅団子を供え、火難よけのお札 と一緒に配って歩いたそうです。古渓さまのお堂は昭和二十年六月福岡大空襲の猛火ばかりは防ぎきれず炎上しました。戦後、福岡市当局が進めた町名変更があり、由緒ある「古渓町」も消えそうだと知り、えッ!?と腰を浮かしたのは 篤学の史家橋詰武生さんでした。(故人)「冗談じゃない苦境に落ちた古渓和尚を博多勢が保護した史実は文献になくそれを証明するのは「古渓町」という町名だけ。と説かれましたがすでに遅く古渓町の町名は消え 奈良屋 になりました。町名が変わって50年経ちますが今でも古渓さんを偲び 5月17日 にお経があがります。以上 父(久幸)が遺した資料より

1966年(昭和41年)古渓町から奈良屋町に町名替えになってから生まれた丙午の私、吉積佳奈は縁あって母方の家業の質屋業を母から引き継ぎ、商いに携わらせて頂いております。人様の大切な物をお預かりする質屋の私が、居るだけで火事になる丙午(ひのえうま)というのは、迷信だと分かっていても、気になっていました。丙午の年は明治時代も、昭和41年も出生率が低いのです。令和時代の丙午の年(2026年)はそんな年になって欲しくない。迷信を気にもせずこの世に産み育んでくれた父や母やすべて方に感謝を込めて「博多招福菓子じょかなん → 除火難(火難除け) → 除禍難(除禍除け)」のお菓子を生み出すのが私の長年の夢でした。コロナ禍で自宅に居る時間が増えた今年は試作する時間に恵まれました。免疫力を高めるのに腸の調子を整えることも大事なので体にも心にも良いお菓子を作りました。

どうぞ、ご賞味ください(^^)                        株式会社ハルマチ 博多じょかなん 吉積 佳奈

2博多招福菓子じょかなん

 

博多招福菓子じょかなん(除禍難/除火難)をハルマチ冬セール2020でお配りします♪

じょかなん 博多招福菓子 禍難除け

「博多じょかなん」とは?
https://harumachi.com/2020/12/03/博多招福菓子じょかなん/ ‎

コロナ禍で自宅で仕事をすることが多くなった
今年は吉積にとって試作が出来た年にもなりました。
博多招福菓子じょかなん ( 除火難 → 除禍難 )を
ハルマチ冬セール2020でお配りしたいと思っています♪

福岡粕屋の春待ち着物では可愛い着物が格安で手に入ります♪お見逃しなく(^^)

春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

This is a Japanese kimono. It’s called “DOUCHUJI”. This is made of silk. If you come to Japan, Please take look at the recycled kimono shop. You can get cute kimono cheaply♪ For example Harumachi_kimono.福岡 粕屋 春待ち着物 ( 補足 KIMETU no yaiba → HAORI ICHIMATU )

これは日本の着物です。道中着と言います。絹で出来ています。もし、日本にいらっしゃることがあったら、リサイクル着物屋さんを覗いてみてください。可愛い着物を安く(お値打ち価格で)手に入れることが出ますよ。例えば、福岡 粕屋 春待ち着物。 ( 補足 鬼滅の刃 → 市松模様の羽織 )

 

 

お値打ち!正絹夏の帯2,980円+税で並べています♪福岡の質屋ハルマチ原町質店

春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

お値打ち!正絹夏の帯を2,980円+税で御用意しております♪

春待ち着物 朝10時〜夜7時 土日祝日も通常どおり営業中です。
売る・買う・預けるなら!福岡市郊外粕屋町JR原町駅前の質屋
ハルマチ原町質店(はるまちしちてん)へお気軽に御相談を(^^)

 

単衣や薄物の着物や夏帯は4月末まで!春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

「春待ち着物」からのお知らせ 福岡の質屋ハルマチ原町質店

4月末まで単衣や薄物の着物や絽の帯などを店頭に並べています。
店の勝手な都合で申し訳ございませんが、弊店は5月決算で6月頭の
商品棚卸しをスムーズにしたいため 5月の着物の市場に季節ものは
すべて出品してしまいます。季節ものの着物や帯などにご興味が
おありの方は4月中にチェックしてください!(^^)毎日 謝恩価格♡

着物で野外イベントはウレタン底の草履!春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

福岡和活 春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店 (2)

野外イベントに着物というときお天気が心配ですね。
開催時は運良く晴れていても夜のうちに雨が降って
道は濡れたままということもあります。

濡れた道を歩くと後々草履の底は剥離しやすくなり
これが躓きの原因になり危険です。
歩くときはウレタン底の草履をオススメしています。

化繊の着物や帯もにわか雨も気にならず楽しめます♪
協賛店 春待ち着物はウレタン底の草履や化繊の着物や帯を
@980円+税でご用意しております!備えあれば憂いなし♪

粕屋町JR原町駅前 福岡の質屋ハルマチ原町質店 春待ち着物