All posts by harumachi

禍難除け 博多招福菓子じょかなん とは? 福岡の質屋ハルマチ原町質店 吉積佳奈

博多招福菓子じょかなん

博多招福菓子じょかなん → 除火難(火難除け) → 除禍難(除禍除け)

博多古渓水

家ごとに黒豆ご飯を炊いた「博多古渓水」茶聖千利休が秀吉の怒りに触れたのは天正19年(1591年)2月のことです。利休さんの木造を山門に掲げ秀吉激怒の発端を作った京都大徳寺の「古渓和尚」も筑前藩主小早川隆景に身柄預けとなり博多に流されました。 和尚は庵を結び博多の人々と親しみながら禅と茶に二年半を過ごしました。慶長三年八月、秀吉死没。許されて葬儀の導師を務めることになり京都へ帰る前のこと「皆の衆、世話になった、さらばじゃ!」別れの日、和尚が杖を地上にトンと突き立てると、あら不思議、清らかな水がコンコンと湧き上がる。 これぞ 名付けて 古渓水。 現在の福岡県福岡市博多区奈良屋町のあたり戦前まではお堂の脇に清水が沸きこれを汲み持ち帰って家の周囲に振り掛けておくと「火難を除ける」と言われ広く信仰心を集めました。

毎月二十一日は古渓さまの日 (現在のお札は5月17日になっている) 一帯の家々では黒豆ご飯を炊き「はつやまとう」と呼ぶ小さな焼餅団子を供え、火難よけのお札 と一緒に配って歩いたそうです。古渓さまのお堂は昭和二十年六月福岡大空襲の猛火ばかりは防ぎきれず炎上しました。戦後、福岡市当局が進めた町名変更があり、由緒ある「古渓町」も消えそうだと知り、えッ!?と腰を浮かしたのは 篤学の史家橋詰武生さんでした。(故人)「冗談じゃない苦境に落ちた古渓和尚を博多勢が保護した史実は文献になくそれを証明するのは「古渓町」という町名だけ。と説かれましたがすでに遅く古渓町の町名は消え 奈良屋 になりました。町名が変わって50年経ちますが今でも古渓さんを偲び 5月17日 にお経があがります。以上 父(久幸)が遺した資料より

1966年(昭和41年)古渓町から奈良屋町に町名替えになってから生まれた丙午の私、吉積佳奈は縁あって母方の家業の質屋業を母から引き継ぎ、商いに携わらせて頂いております。人様の大切な物をお預かりする質屋の私が、居るだけで火事になる丙午(ひのえうま)というのは、迷信だと分かっていても、気になっていました。丙午の年は明治時代も、昭和41年も出生率が低いのです。令和時代の丙午の年(2026年)はそんな年になって欲しくない。迷信を気にもせずこの世に産み育んでくれた父や母やすべて方に感謝を込めて「博多招福菓子じょかなん → 除火難(火難除け) → 除禍難(除禍除け)」のお菓子を生み出すのが私の長年の夢でした。コロナ禍で自宅に居る時間が増えた今年は試作する時間に恵まれました。免疫力を高めるのに腸の調子を整えることも大事なので体にも心にも良いお菓子を作りました。

どうぞ、ご賞味ください(^^)                        株式会社ハルマチ 博多じょかなん 吉積 佳奈

2博多招福菓子じょかなん

 

ロレックスなどの時計もお任せください!福岡の質屋ハルマチ原町質店

2016.5.17

ハルマチの「出来る男と女の時計」のフェイスブックページ
フェイスブックページ 検索 ⇒ ハルマチ 時計

「時計もお任せ!」福岡の質屋ハルマチ原町質店TEL092-939-1199(^^)♪
ハルマチのお店のホームぺージ ⇒ http://www.harumachi.com/

ロレックス デイトナ黒 116520  ⇒ 新品買取価格¥1,270,000

ロレックス デイトナ白 116520  ⇒ 新品買取価格¥1,120,000

ロレックス エクスプローラー 214270 ⇒ 新品買取価格¥470,000

ロレックス エクスプローラー2黒 216570 ⇒ 新品買取価格¥590,000

ロレックス サブマリーナ 114060 ⇒ 新品買取価格¥570,000

ロレックス ディープシー  116660  ⇒ 新品買取価格¥920,000

ロレックス GMTマスター2  116710LN  ⇒ 新品買取価格¥670,000

オメガ スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.002
⇒ 新品買取価格¥300,000

オメガ スピードマスター デート 323.30.40.40.04.001
⇒ 新品買取価格¥200,000

オメガ スピードマスター ブロードアロー1957  321.10.42.50.02.001
⇒ 新品買取価格¥320,000

オメガ シーマスター300コーアクシャル 212.30.41.20.01.002
⇒ 新品買取価格¥220,000

※ご注意ください※
「新品の基準」保証書の日付が3ヶ月以内のもの製造年が新しいものになります。

※買取価格は市場価格変動や弊社在庫等により変動いたします。ご了承ください。
※その他 パネライ カルティエ ブルガリ シャネルJ12系 人気機種 高価買取 実施中!

「原町駅前ECO倶楽部」の月一清掃活動 福岡の質屋ハルマチ原町質店

福岡の質屋ハルマチ原町質店JR原町駅前

こんにちは!福岡の質屋ハルマチ原町質店の吉積佳奈(よしづみかな)です(^^)

ハルマチは「原町駅」から屋号を頂戴いたしました。おかげさまで創業30余年
恩返しの気持ちを込めて原町駅前やその周辺でご商売をなさっておられる方々と
只今「月一清掃活動」を行っております。フェイスブック検索 ⇒ 原町駅前ECO倶楽部

原町駅前で商売をさせて頂いている感謝を形にしたい。そんな同じ想いを持っていた
仲間同士で清掃活動を始めました。ご商売に関係なく粕屋町が大好きな方 ご興味のある方
どうぞ、お気軽にご参加下さい。お待ちしております(^^) 検索 ⇒ 原町駅前ECO倶楽部

 

はじめましてハルマチの「虎の子」です♪

福岡の質屋ハルマチ原町質店のマスコット「虎の子」

はじめまして(^^) ハルマチの「虎の子」です。
どうぞ、宜しくお願いいたします。m(__)m

虎の子(とら‐の‐こ)

虎(特に母虎)は子どもを非常に可愛がるところから
大切にして手放さないもの。秘蔵の金品のこと。

「質屋さん」というのは「買取屋さん」ではなく
「お客様の大事な虎の子を預かる仕事」だから。

最初にお店を作った人が女の人だから「母虎」に掛けて
大事なモノを手離さなくてよいようにお手伝いする質屋

そんな愛される頼りになるお店で在り続けるために
そんな願いを込めてマスコットを「虎の子」にしました。

「ハルマチの虎の子」誕生秘話

「ハルマチにもゆるキャラがあってもいいと思うんです。」
切っ掛けは女性スタッフSASAKIさんのひと言から始まりました。

2代目の吉積佳奈は「ハルマチのロゴ」をデザインしたり
「ハルマチCMソング」は作りましたがマスコットは未だでした。

マスコットを作るなら「虎の子」がいいと前々から思っていたので
女性スタッフに「虎の子の赤ちゃん」を描いて欲しいと頼みました。

そんな中、ベテラン女性スタッフの案を採用させていただきました。
おヘソにロゴを入れ、虎模様を本来の黒にすると固すぎるので、茶色に。

頭のてっぺんのくっ付いた虎模様は大人になった虎の印なんだとか。
模様が生え揃わない産毛のままというのが「虎の子」の特徴らしいです。

「着ぐるみ」は、かなり高価だということを知り、断念。とはいえ
立体的な 「虎の子」が欲しい。フェルトでの製作もKAZUEさんでした。

ユーストリーム「ハルマチライブ」で営業時間になると写っていますが
お店にお越しいただきますと、直接「虎の子」をご覧いただけますヨ(^^)

「ハルマチ」でもなく「原町質店」でもなく「春待ち電柱」

2016.2.4

「春待ち電柱」

「ハルマチ」でもなく「原町質店」でもなく「春待ち電柱」になっているのを
新人スタッフ君が「?」な反応だったので、改めてご説明させていただきます^^;

昭和59年8月1日に原町質店は創業しました。吉積佳奈は高校3年(福岡中央)の夏でした。
創業者の母 吉積(旧姓 高山)巧子 (よしづみきょうこ)が「原町質店」を店の名前に選びました。

当時は国鉄の駅「原町駅」から頂戴しました。原町駅から屋号を頂戴し商いを30年以上させて
いただいている感謝の気持ちを込めて 2代目の私は「月一原町駅前ECO倶楽部」を

駅前カフェ3ca8さんとはるまち駅前整骨院さんと3人で原町駅前の清掃を1年半前に始めました。
有り難いことに現在ご参加の方が10名前後になりました(^^)

粕屋町の方なら「原町質店」で「はるまちしちてん」と呼んでくださるのですが
「はらまち」と読み間違われることが多かったのです^^;

そこで、会社にするときに「株式会社ハルマチ 」にしました。
すると、 今度は「マルハチ」と読み間違われるのです。。

音は「はるまち」のままで、漢字にして読みやすく
覚えやすい、印象に残る言葉を当時ずっと考えました。「春待ち」

これなら読んで頂ける!着物で「春待ち着物」を使うようになって25年になります。
12月の異称に春待ち月があります。一本だけ遊び心のある電柱を去年設置しました。

それが「春待ち電柱」です(^^) 只今「春待ち電柱」をフェイスブックにアップして
頂きますとお買い物のときにお使い頂ける500ポイントをプレゼントいたしております!

500ポイントで500円引きになります。同じキャンペーンをハルマチのライン@ご登録でも開催中。
詳しくはハルマチのパソコン用ホームページの一番下の「ニュース」欄をチェックしてください!(^^)

トップページ

質蔵は安心レンタルクローゼット(^^)福岡の質屋ハルマチ原町質店

福岡の質屋ハルマチ原町質店のコラージュ
 

こんにちは福岡の質屋ハルマチ原町質店の吉積佳奈です(^^)

お客様がお手放しになりたくない大切なお品をお預かりするのが
我々質屋の本業でございます。湿度計は付けておりませんが
除湿機をお蔵の中の3ヶ所に置いておりますと、 一年を通して
いつ乾燥しているのか、湿気が多いのか、自然と体感しております。

一年のうちで11月~2月は「乾燥」しています!

一日で少しのお水しか溜まりません。 逆に、梅雨の時期は朝溜まった
水を捨てて店を閉める頃また捨てるのですが 翌朝には満水になっています。
そんな時期は「湿気注意報」を発信させて頂いておりますが、その逆で
本日は「乾燥注意報」を発信させていただきます!

人が居るところは適度に加湿をしましょう!

※ 加湿機の埃はしっかりお掃除しましょう。
寝るときは顔の近くに濡れタオルを干す工夫を!
洗濯物を部屋干しするという方法もありますが、ストーブなど
火が移りやすい暖房器具の近くに部屋干しはくれぐれもご注意ください。

質屋のお蔵はリーズナブルな安心レンタルクローゼット(^^)

質のお蔵の中のそのまた奥の金庫に保管しセキュリティーも
しっかり入れていますので、個人宅に置いておくよりも安全安心です。
大切なものは質屋のお蔵を利用するという手もございます(^^)
どうぞ、お気軽にお問い合わせください!

福岡092-939-1199  ホームページ http://harumachi.com
人口増加率日本一 福岡市郊外粕屋町JR原町駅前 ハルマチ原町質店
朝10時~夜7時まで お正月3賀日以外年中無休 ※お詫び※台風や大寒波など
スタッフが出勤する際、危険を伴う場合は「臨時休業」することがございます。

「日本一居心地のいい質屋」を目指しています!(^^)福岡の質屋ハルマチ原町質店

 

福岡の質屋ハルマチ原町質店(はるまちしちてん)吉積佳奈

こんにちはハルマチの吉積佳奈です(^^)

お買い場に落ちていた花を拾ってカウンターに置いていたら女性スタッフの
Sさんが機転を利かして店の中にある小瓶に挿しておいてくれました♪
草臥れていた花も優しい心遣いに喜んでいるように活き活きしています。

こんな何気ない日常の積み重ねでふわっと和気に包まれます。
私だったらそのままゴミ箱に捨ててたかも。。勉強になりました。
福岡の質屋ハルマチ原町質店は「日本一居心地のいい質屋」を目指しています!(^^)