カテゴリー: 春待ち日記

その道に 入らんと思う 心こそ

友人からフェイスブックで「5days challenge」バトンを受け取りました
ハルマチの吉積佳奈(よしづみかな)です。おはようございます(^^)

私の趣味は「お茶」です。切っ掛けは小さい頃、叔母のところに
先生が教えに来られていて、従姉たちも楽しそうだったので

「ね、私もかてて」というとそのとき叔母がこう言ったのです。
「お茶は大人の嗜みだから佳奈が大人になったらね。」

母も叔父も若い頃、近くのお寺で習っていたと聞いていたので
知っておきたいとも思ったのです。

高校生のとき、週に一回授業で習うものに2年生のときお花を。
3年生の時、お茶に初めて触れました。

その時、教えに来て下さっていた先生の第一声
「皆さんは、博多の聖福寺をご存知ですか?」

誰も即答しないでいると「博多でお茶を習おうという貴女方が
聖福寺を知らないなんて。。知らないにも程がありますよ。」と

一喝してくださる先生でした。歴史好きの私。
わぁ、歴史、勉強していいんだ、嬉しい~♪と思いました。(^o^)

私は当時「武士の辞世の句」に大変興味がありました。
吉田松陰の辞世の句には声に出すだけで今でも打ち震えます。

親思う 心に勝る親心 今日の訪れなんと聞くらん

弟子たちに宛てた手紙や上奏文は激しいのに対し 辞世の句は
こんなにも思いやりに満ちている。松下村塾にある説明書きに

この辞世の句を紹介している弟子の聡明さが
また吉田松陰がどれ程の人物だったかを彷彿させます。

・・それに比べて、利休さんの辞世の句は

人生七十 力囲希咄 吾這寳剣 祖佛共殺
堤る我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛

(じんせいななじゅうねん りきいきとつ わがこのほうけん
そぶつともにころす ひっさぐる わがえぐそくのひとたち
いまこのときぞ てんになげうつ)

(人生七十年 えい!やぁ!とう! 我がこの宝剣で祖仏も 共に
我と共に殺してしまえ 上手く使いこなしえる刀を引っさげ
今、天にこの身を放つ )

どう考えても、利休さんは「怒り狂って」います。
吉田松陰と最後が似ていますが、この差は一体なんでしょう?

精神的に崇高なものを感じさせる、千利休がですよ。
彼の辞世の句がこれで本当にいいのかぁ?なんじゃこりゃ。。

習いつつ 観てこそ習え 習わずに 良し悪し言うは愚かなりけり
利休さんは利休百首の中でちゃんと釘も刺しています。(^^;

平賀源内は「当代の茶人は利休の糞を美味そうに喰ってる」と
揶揄していましが、私は利休さん自体にも納得できせんでした。

「批判する」なら、徹底的に知り尽くしてから、完全に消化して
これは役に立たないと言って捨ててしまうつもりで体で覚えました。

白黒はっきり付けるエネルギーすら失い掛けていたほんの数年前。
古田織部が主人公の漫画「へうげもの」がこの世に出ました。

目から鱗でした。ああ、この解釈ならば、理解できる。といいますか
なぜ、気が付かなかったんだ。自分の愚鈍さに打ちひしがれました。

「おもてなし」とは、表面にあるものではなく、その奥にあるもの
感じ取れるためには、自分自身にその力量がないと感じ取れないもの。

素直に学ぼう。上っ面な批判的精神からの卒業。
今、私が、お茶に夢中なのは、感度が良くなってきたからだと思います。

その道に 入らんと思う 心こそ 我が身ながらの 師匠なりけれ
・・・利休さん、知れば知るほど、大きい。

ここで「へうげもの」の利休さんの辞世の句の解釈を書いてしまうのは
あまりに野暮。どうぞ、是非、読んでみてください。お薦めいたします。

では、今日はこのへんで。
次回は「団扇と扇子」について書きます。

春待ち道場 医食同源派 試みクッキング

本日のお客様のお声「ブログ、いつも愉しみにみてます。」

あ、ありがとうございます。(^^;

花粉症のお話になって免疫力を高める「食事」「運動」「睡眠」などの
習慣の大切さに花が咲き「新玉ねぎ入りの鳥そぼろ」をご紹介したら
料理の話もアップして欲しいと強いご要望をいただきました。(^^;

ホームページ内のこのブログに料理の写真をアップいたしますと
写真が入り混じって、スタッフの仕事の邪魔をしてはいけませんので
「春待ち道場(医食同源派)」の記事はフェイスブックにアップします。

フェイスブックページ 検索 → 吉積佳奈 コメント大歓迎です(^^)


バレンタインとホワイトデー

昨日と変わって春の陽気に包まれた今日はホワイトデーですが
皆さまいかがお過ごしでしょうか?ハルマチの吉積佳奈です(^^)

神戸のモロゾフさんとそのお仲間が
日本に根付かせた「バレンタインにチョコレート」

博多の石村萬盛堂さんがバレンタインのお返しを
ご提案なさった「ホワイトデーにマシュマロ」

私は健康志向なので昔は薬局で売っていたという
チョコレートはお世話になっている周囲に必ず贈りたい(^^)

お歳暮やお中元になると大袈裟すぎてと身構えてしまうとき
バレンタインやホワイトデーがさらっとしていていい感じ。

職場でスマートな寄せては返す青海波のような心の交流。
日本人のおもてなし精神のひとつの現れなのかもしれません。

ハルマチスタッフの皆さま お心遣いありがとうございます(^^)♪
あ!本命チョコ贈ってないことに今頃になって気づく仕事人間(^^;

ハルマチのロゴの意味

yjimage

ご覧いただきましてありがとうございます、ハルマチの吉積佳奈です(^^)

ハルマチ ( HARUMACHI ) の「H」をデザインするに当たり、頭の中で考えたことは
取り扱うものは「審美眼」「美」を扱う商売、よし「商業芸術」からヒントをもらおう!

創業者は母なので女性らしいものにしたい。アールデコ(男性的な力強い直線美)ではなく
アールヌーボー(女性らしい曲線美)を感じさせる柔らかい線からヒントを頂きました(^^)

どんなに仕事に明け暮れていても女性らしさを忘れないでいましょう。
放っておくと、ただでさえ男っぽい性格の「自分への深い戒め」をロゴに込めました(^o^)

自分への戒めは変わっていませんが、現在ではこんな願いも私の心の中に加わっています。
ハルマチのロゴの感性が「今の時代を生きる女性の皆さまの幸福に繋がりますように(祈)」

お店のロゴの制作が必要に迫られたのは、ネットを試し始めた随分前のことでした。
コージさん経由でMILKさん主催の「MBB」参加質店になることが切っ掛けでした。

MILKさん、MBB参加質店の皆さま    「おかげさまで!感謝」 ハルマチ吉積佳奈

エッセイ「大好きな質屋さん」

00761

「大好きな質屋さん」太田治子著
http://www.youtube.com/watch?v=6gjKTwhVwEQ

新宿のデパートで年に一度、東京の質屋さんが大集合する催しがあった。
つまり質流れのオンパレードである。私は偶然その初日の日に、会場にいくことができた。

毛皮や宝石のコーナーが大半を占めていた。五十代から七十代の女性客の熱気が凄かった。
私はそそくさと片隅のバッグコーナーに足を向けた。大振りのショルダーバッグが目に飛び込んできた。

仕事用の本がたっぷりと入りそうなバッグは皮もよくなかなかのものなのに5,000円としなかった。
デパートのバッグ売り場だったら10倍近くしそうだ。この数年のうちで一番よい買い物ができたのである。

子どもの頃から、質屋さんが好きだった。

東京目黒のアパートに母娘二人で住んでいた時分。母は、時々、小学生の私をつれて近所の質屋さんへ
出掛けた。商店街の通りを一本奥に入った路地の突き当たりに質屋さんの暖簾が掛かっていた。

「ごめんください」

風呂敷包みの母がそう声をかけると、中から年配の落ち着いたご主人が現れた。
母の差し出した着物を丁寧に拡げながら、ご主人は「では、お預かりいたしましょう。」

静かな声でそういうのだった。きりりとした着物姿の奥さんが店番のときもあった。
やはり、きりりと気持ちのよい声で最後に同じことを言った。

「ママ、私、大きくなったら、質屋さんになりたい」
質屋さんの店を出て商店街を歩きながら、そのように話し掛けた。

「質屋さんのお仕事は大変なのよ。泥棒が盗んだものを持ってくることもあるわ。
ちゃんと品物と共に人相も見なくちゃいけないの。」

「ママと私のことは女泥棒ではないって見抜いてくださったのね?」質屋さんのご主人も奥さんも
決っして、一度も、こちらをマジマジと見つめたりしないのに、・・・凄いなぁと思った。

「私たちはもう何度もお店に行ってるから信用してくださってるのよ。」母は言った。
「私、質屋さん、大好き。また、行こうね。」

私は通りすがりの人が振り返るほど、大きな声で言った。そのときは、まだ
どうして質屋さんがひっそりとした目立たない路地裏にあるのか気が付かずにいたのである。

中学になったころから生活が落ち着いてきた。質屋さんの暖簾をくぐることもなくなっていった。
デパートの質流れ品の売り場は、とても懐かしい感じがしたのである。

その時、買ったバッグは、とても使い心がいい。
「やはり質屋さんは最高だわ。」バッグを手に街を歩いていると、思わず、笑みが浮かんでくる。

太田治子 著書 「心映えの記」他
「絵画の愉しみ方ガイド」「恋する手」NHK「ラジオ深夜便」「私のおすすめ美術館」出演

ハルマチ動画ブログ一万本ノック「只今、挑戦中!」

こんにちは(^^) ハルマチのホームページをご覧頂きまして誠に有難う存じます。
福岡の質屋ハルマチ原町質店(はるまちしちてん)の吉積佳奈(よしづかな)です。

ハルマチは、只今、動画ブログ一万本ノックに挑戦中です(^^)
フェイスブックページやユーチューブで「ハルマチ」で検索してください。

私は(48歳2015年3月現在)は、動画ブログ「一万本ノック」に挑戦中です。
60歳までに達成する予定です。3月現在で6,500本を通過いたしました。

DVD発売中
検索 女目利き質屋の奮闘物語 福岡の今どき元気な質屋 ハルマチ原町質店

NHKさんやFBS「めんたいワイド」さんに取材していただきましたおかげで
カメラに向かって話す訓練になりました。書いたものを読んでいただくことに

限界を感じていた私は、動きを伝える動画ブログに挑戦したくなりました。
最初は100本。次は1,000本。そして、今、挑戦しているのが一万本ノックです。

テレビや新聞の取材を受けてから、時間が経っているにも関わらず
「テレビを観て来ました。」「新聞の記事を観て来ました。」と仰って下さる

お客様がいらして、本当に有難い限りです。 m(__)m ありがとうございます!
取材に来てくださった新聞社テレビ局マスコミの方、心より感謝申し上げます。

春待ち着物 無料着付け教室

0002

ご覧頂きまして誠に有難う存じますハルマチの吉積佳奈です(^^)

和装にご興味のある方はどうぞぞお気軽にご相談ください。
無料着付け教室を催しております。お気軽にお問い合わせを。

春待ち着物 無料着付け教室の情報をいち早くキャッチ!
フェイスブックページ 検索 ⇒ 春待ち着物