カテゴリー: 春待ち日記

令和元年初めてお祭りは5月3日4日GW集客数日本一のお祭り博多どんたくです♪

令和元年初のお祭り博多どんたく

祝うたァ!令和元年初めてお祭りは「博多どんたく」になります(^^)

オランダ語の日曜日ゾンタークが鈍って「どんたく」が使われ出したのは
明治時代ですが祭りそのものの起源はもっと古く840年続く「松囃子」から。
GW集客数日本一のお祭りです。吉積も福岡商工会議所女性会から今年も出ます♪

めんたいぴりり未来永劫編を博多座で観て来ました福岡の質屋ハルマチ原町質店

めんたいぴりり 未来永劫編 博多座 

福岡の質屋ハルマチ原町質店の吉積佳奈です(^^)

昨日は福岡商工会議所女性会の4月例会で
博多座にめんたいぴりり未来永劫編を観てきました。

辛子明太子が博多の名物になるまでのご苦労も笑いあり
涙あり愉しい舞台でした。ご本人を直接ご存知の方々は

「本当にあんな気風の良か人やったもんね。」と
伺えるのも会議所メンバーならではだなと思いました。

博多は新元号初のお祭り「博多どんたく」で賑わいます。
どうぞご来福の折は是非ご覧になって愉しんでください。

新元号令和 ~太宰府への途中 神功皇后が休憩なさった場所 福岡粕屋「駕与丁」

56162419_2107200909348603_7761792411168145408_n

「駕与丁」で「かよいちょう」とはなかなかすんなり読めませんね。
福岡粕屋の地名です。神功皇后が香椎宮〜宇美八幡宮にお産に行かれる
途中ここで乗り物を停めて休憩なさった場所 「駕輿八幡宮」に由来します。

香椎宮〜太宰府だとずっと勘違いしてました。新元号令和 の記事にしようと
思ったのですが違いました。
残念 整備された公園は周囲4キロあります。
ちょうどいいウォーキングコースですが
サンレイクかすや から眺めるばかりで

まだ一周を歩き通したことはありません。今は桜が綺麗です。夜はライトアップ
されていて夜桜も愉しめますが 今年は寒くて写真を撮る元気が私にありません。。
そうこうしているうちに満開になる前に散っている花びらもあり桜も戸惑っている?

追 記 「香椎宮から太宰府に行く途中神功皇后が休憩なさった場所で正解」 

粕屋町の神社にお詳しい方が浅学の私に教えてくださいました。神功皇后が出産のため
向かおうとなさった先は当初の予定は香椎宮〜太宰府 だったんだそうです!

途中で休憩なさった場所が 粕屋町 駕与丁公園駕輿八幡宮」の由来。
お輿を担いでいるお供を休憩させたいそんなお気遣いであったとも伝承あり。
「宇美八幡宮」は御子をお産みになった場所だから 産み → 宇美八幡宮に。

福岡では言わずと知れた安産の神様 宇美町。御子さま どうぞお乳を吸え吸えで
須恵町。オシメも換えましょうで志免町。ショウケ峠のしょうけは産湯の桶から
来た地名。いずれにしても
新元号令和 めでたし!めでたし

盗難に遭ったら被害届を正確に書きましょう!福岡の質屋ハルマチ原町質店

福岡の質屋ハルマチ原町質店 吉積佳奈

福岡は建設ラッシュで建設現場から電動工具がよく盗まれているそうです。
盗まれた電動工具はすべてが質屋に持ち込まれるとは限りませんが警察署に
出す「
被害届」をしっかり書けば出てくる可能性が高くなります
【対策1】ご購入なさった時点で実物を写メで撮っておきます。
メーカーと型番と製造番号がはっきり分かるように撮っておくと
いざというとき被害届が書きやすくなりいい資料になります。
【対策2】工事現場に電動工具を置いたまま帰らないようにしてください。
ガレージの車の中や会社や自宅など鍵がしっかり掛かる場所で
面倒でも厳重に保管しましょう。
【対策3】盗まれたらどうせ出てこないだろう。。と諦めずに最寄りの
警察署へ被害届を出してください。電動工具はメーカー、型番、製造番号で
すぐに特定しやすいので被害届が正確ですと出てきやすいのです。
もし窃盗をした人が質屋に持ち込んでいた場合は捕まえることができます。
質屋は民間ではありますが 盗品に関しては税関的な役割を担っています。
盗んで質屋に持っていくとすぐ足が付きます!
【対策4/裏メニュー?】質屋のお蔵はセキュリティーも完備した安心
安全な保管場所です。因みに常連の大工さんは当面の間使わない電動工具は
ハルマチを保管場所にしてあります(^^)
いずれにせよご覧の皆さま 盗難にはくれぐれもご注意 ください!
原町駅前にある福岡の質屋ハルマチ原町質店 代表 吉積 佳奈
何かご不明の点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

譲られた母の羽織に観る 趣味の着物に洒落紋を入れる商家の洒落っ気と合理的習慣について

春待ち着物 福岡の質屋ハルマチ原町質店

こんにちは福岡の質屋ハルマチ原町質店の吉積佳奈です(^^)

母の羽織

母は巧子(きょうこ)といいます。家紋や女紋(女系の家紋)と別に
趣味の着物には「しゃれ紋(洒落紋)」を入れる習慣があったようです。

これは後々女系で着回しても誰の物なのか所在がはっきりするなんとも
商家の合理性と洒落っ気のある紋の付け方だと私はガッテンしています。

きょうこ→ 桔梗紋、祖母(フジエ)はバランスがいいから好きだったようで
下り藤などの 藤の紋でした。この機知に富む親娘の会話を幼少期に直接

目の当たりにした私は何て贅沢な情操教育の時間を過ごしていたんだろうと
今更ながらに思います。品格あるお洒落なこの親娘の趣向は私の憧れでした。

このなんともいえない美しい京紫の羽織は若いときに母から譲り受けたもので
背中に桔梗紋が付いています。丈の短い羽織は今はまったく流行っていませんが

室内でも着用できてかえって動きやすく仕事もしやすく今時分は大変重宝します。
譲り受けた着物に袖を通すと祖母や母にそっと守られているような気がして

勇気凛々元気が出てくるのです♪ 終活、終活ってなんでもかんでも捨ててしまう
ばかりが能じゃありません。古きに寄りて新しきを知る 活かす力もセンスのうち。

洒落紋 しゃれ紋 2人に感化され自分でも付けてみることに。佳奈の漢字の意味は
美しい果実。6月生まれだから「梅」を調べているとき四君子紋に出合いました。

貪欲だった若い日の私は梅だけでは飽き足らず 四君子紋を趣味の色留袖に
入れました。お社中の初釜に着ていくと凝った紋ですね。と声を掛けられます。

美術の時間 好きな色を一色決めなさいと先生に言われ、赤と緑 どちらも好きで
私はどうしても一色には絞れません。と強調したことがあります。バランス感覚が

いいと逆に褒めてくださる先生でした。やはり褒められると人は伸びるものかも。
もし着物を新調する機会があったら今度はすっきりと梅の紋を入れたいと思います。