カテゴリー: ハルマチの「虎の子」

お客様がお手放しになりたくないモノを大切にお預かりする店 ハルマチ原町質店

福岡の質屋ハルマチ原町質店のホームぺージへようこそ(^^)

リサイクルショップさんが「質」の文字を看板に使って
おられるからか、お客様からこんなご質問がありました。
「こちらはモノを預かってくださる質屋さんですか?」

「勿論です!お手放しになりたくないモノを大切にお預かり
するのが質屋です。どうぞお気軽にご相談ください!(^^)
マスコットが虎の子は伊達じゃない福岡の質屋ハルマチ原町質店

質の仕組みについて http://harumachi.com/guide/

福岡の質屋ハルマチ原町質店 (41)

福岡の質屋ハルマチ原町質店 (6)

福岡の質屋ハルマチ原町質店 (53)

福岡の質屋ハルマチ原町質店 (91)

福岡の質屋ハルマチ原町質店 (62)

 

はじめましてハルマチの「虎の子」です♪

福岡の質屋ハルマチ原町質店のマスコット「虎の子」

はじめまして(^^) ハルマチの「虎の子」です。
どうぞ、宜しくお願いいたします。m(__)m

虎の子(とら‐の‐こ)

虎(特に母虎)は子どもを非常に可愛がるところから
大切にして手放さないもの。秘蔵の金品のこと。

「質屋さん」というのは「買取屋さん」ではなく
「お客様の大事な虎の子を預かる仕事」だから。

最初にお店を作った人が女の人だから「母虎」に掛けて
大事なモノを手離さなくてよいようにお手伝いする質屋

そんな愛される頼りになるお店で在り続けるために
そんな願いを込めてマスコットを「虎の子」にしました。

「ハルマチの虎の子」誕生秘話

「ハルマチにもゆるキャラがあってもいいと思うんです。」
切っ掛けは女性スタッフSASAKIさんのひと言から始まりました。

2代目の吉積佳奈は「ハルマチのロゴ」をデザインしたり
「ハルマチCMソング」は作りましたがマスコットは未だでした。

マスコットを作るなら「虎の子」がいいと前々から思っていたので
女性スタッフに「虎の子の赤ちゃん」を描いて欲しいと頼みました。

そんな中、ベテラン女性スタッフの案を採用させていただきました。
おヘソにロゴを入れ、虎模様を本来の黒にすると固すぎるので、茶色に。

頭のてっぺんのくっ付いた虎模様は大人になった虎の印なんだとか。
模様が生え揃わない産毛のままというのが「虎の子」の特徴らしいです。

「着ぐるみ」は、かなり高価だということを知り、断念。とはいえ
立体的な 「虎の子」が欲しい。フェルトでの製作もKAZUEさんでした。

ユーストリーム「ハルマチライブ」で営業時間になると写っていますが
お店にお越しいただきますと、直接「虎の子」をご覧いただけますヨ(^^)